スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nvidia vs ATI

20070521130212.jpg

そろそろ次期ハイエンドVGAの発売時期が近づいてきたようですが、調べてみると思ったよりATIが好調のようです。まずDX10.1の話題から。HD 4870/4850ではもちろん対応を公表してますが、一方GTX 280は意外な事に非対応のようです。10.1対応ゲームが(ryというのも事実ですが…。もちろん両者対応してくると思っていたのでちょっと意外。後はHD 4870/4850のVantageのスコアが思ったより良かったようで、GTX280/260ともに値下がりのようです。GTX280が$499、GTX260が$399になるようで、やはりHD 4870/4850のコストパフォーマンスに脅威を感じたようです。またRadeon HD 4870 X2 R700 Beats GeForce GTX 280の記事にあるようにRadeonがんばってますね。ついにGeforceより速いハイエンド出せそうですね。ちょっと前のRadeonでは信じられない事です。また物理演算もHavokと協力してNVIDIAに対抗するようです。HavokはIntelの子会社のようで、物理演算はAMD+Intel[Havok] VS NVIDIA [Physx]の図式となるようです。IntelとNVIDIAはNehalemのチップセットのライセンス関係でも揉めてたのはどうなったのでしょうか?IntelのチップセットでSLIが構築できるとなると良いなと思ったり…。そうするとNvidiaのチップセット売れなくなるのでNvidiaは嫌がるでしょうが、VGAのシェアを失ったらSLIもオープンになるかもしれませんね。7600GS/GT、7900GS辺りのNvidiaは強すぎた印象があります。地方のPCショップの売り場のほとんどがGeforce一色でRadeonはAGPのバルク品と1950proが隅に申し訳なさそうに積んである印象しかないです。しかし今回はATIが返り咲くのでしょうか?

Nvidia says DirectX 10.1 is not important
Radeon HD 4870 X2 R700 Beats GeForce GTX 280
GTX 280 drops to $499
AMD and Havok to Optimize Physics for Gaming
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ponponponta.blog55.fc2.com/tb.php/446-ee7b826f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。